写真の「公開」および「非公開」プライバシー設定はどのようなものですか?

現在、Lytro Web では、 2 つのプライバシー設定に対応しています。

 

  • 公開: Lytro Desktop から最初に 写真をシェアするときに、「公開 Lytro.com ページへ投稿する」チェックボックスにチェックマークを付けるか、後からそのアルバム(写真のグループ)の「公開」オプションをLytro Web で直接設定できます。
    • 誰でも Lytro Web にある個人ユーザのピクチャギャラリーを表示して、公開写真を見ることができます。

 

  • 非公開 : ユーザは「公開して Lytro.com に写真を投稿する」のチェックマークを外す。または最初に Lytro Desktop から写真を共有するときに設定するか、後から該当するアルバム(写真のグループ)の「公開」オプションを Lytro Web にて直接設定することができます。
    • 個人ユーザのピクチャギャラリーへアクセスした人物は、ユーザが投稿した「非公開」写真を見ることができません。
    • 1 つの非公開アルバム(写真のグループ)へのアクセス権があるからといって、ユーザの他の非公開ストーリーを参照する権限がある訳ではありません。
    • 非公開の写真を表示するには、必ず各アルバム固有の特別な「トークン化された」URL が必要です。(アルバムの所有者としてサインインすると自動的にこのアクセス件が与えられます。)
    • 同様に、過去に公開されていたアルバムが、一度「非公開」に設定されると、古い URL では表示できなくなります。その時点から、アクセスするには「トークン化された」URL が必要となります。
    • さらに、アルバムを非公開に設定する度に、新しいトークンが作成されます。したがって、2 回変更し、アルバムをもう一度非公開にすると、最初に「トークン化された」URL は使えなくなり、現在の「トークン化された」URL のみが使用可能となります。
    • したがって、URL を予測して写真またはアルバムへアクセスすることはできません。正しいトークンを持っていなければ、URL を推測したときに表示されるメッセージはすべてプライバシーエラーメッセージとなります。
    • ただし、正しい現在の「トークン化された」URL を持っている人物は誰でもそれを再シェアすることができます。これには Twitter や Facebook などのソーシャルメディアサービスが含まれるため、写真をシェアする際には慎重に行ってください。

 

重要 :

コメント

Powered by Zendesk