Lytro リビングピクチャの埋め込みについて

編集者注: 2014年6月11日の時点で、機能性はすべてテストされ、想定通りに機能しています。不具合がある場合は、当社までご連絡ください。

注 : WordPress ユーザの方は この記事の最後をご覧ください。

他のカスタマイズオプションをご覧になりたい場合は、 当社の高度な写真組み込みナリッジベース記事を参照してください。

==================================

注 : 非公開アルバムをシェアするには、アルバムを「公開」に設定するか、特別なトークン URL を使用する必要があります。

==================================

埋め込みの概要

ブログまたは Web ページに Lytro 「リビングピクチャ」を組み込むことができます(iframesがサポートされている場合のみ)。

特定の写真のコードを入手するには、Lytro.com のギャラリーでその写真を表示し、左下角の「組み込み」ボタン(</>)をクリックしてから、「コピー」をクリックします。HTML がクリップボードに保存され、貼り付けることができます。

Walter__Perspective_Shift__-_Lytro_Living_Pictures.jpg


埋め込みコードは、このように表示されます:

<iframe width='400' height='415' src='x' frameborder='0' allowfullscreen scrolling='no'></iframe>

埋め込まれた写真は、以下のように表示されます。

BasicEmbed1.jpg 

Tumblr

Tumblr ブログをお持ちの場合は、以下の方法で「リビングピクチャ」を組み込むことができます。

1) 動画として投稿し、コード全体(URLだけではなく)を貼り付ける。

または

2) 新規で投稿し、HTML ボタンをクリックして当サイトの埋め込みコードを HTML エディタに貼り付ける。

WordPress

WordPress ブログをお持ちの場合、iframes を組み込むことができませんが、WordPress では Lytro の「リビングピクチャ」を組み込むサポートを追加できます。ガイドを参照してください:http://en.support.wordpress.com/lytro/

wordpress.org をお使いの方は、こちらをご参照ください。 http://wordpress.org/extend/plugins/embed-light-field-photos/

埋め込んだ写真の表示を微調整するために URL に挿入できるパラメーターがあります: 高度な写真埋め込みに関する詳細情報をご覧ください

 

 

コメント

Powered by Zendesk