「非公開」写真の共有

Lytro Webは、写真のシェア用の拡張ツールを提供しています。

これらの写真の公開範囲は、公開またはリスト不掲載(非公開)の 2 つのうち 1 つを選択できます。 

 

非公開写真の組み込み方法:  https://lytro.zendesk.com/hc/articles/202937804

Lytro Web のプライバシーオプションを理解するための重要な点:

  • Lytro Web のプライバシーは、あなたの友人や家族の判断に依存します。一度シェアされた写真は、表示可能な人物な誰でも(例:URL /weblink を持っている人物) 再シェアすることができます。これには Facebook や Twitter などのソーシャルメディアサービスでの再シェアを含みます。そのため、どの写真を、誰とシェアするかの決定は慎重に行ってください。
    • ヒント: 自分が望むよりも広く写真がシェアされてしまったことに気付いた場合には、2 つの選択肢があります:
      • Lytro Web の 写真ページから写真を削除できます。
      • その写真を含むアルバム(写真のグループ)の公開範囲を Lytro Web の「プロファイルページ」で「非公開」に変更してから、新しく非公開写真を再シェアします。
    • ただし、いずれの場合においても最初にシェアした相手へのリンクが壊れてしまうため、これらの状況は避けた方がよいでしょう。

 

  • 写真またはアルバムが現在公開/非公開になっているかどうかを確認するには、まず最初にプロファイルページまたはアルバムページで、シェアしたい写真を含むストーリーのオプションが公開/非公開のどちらになっているかを確認します。

          

 

    • アルバムの公開範囲を変更するには、「設定」ボタン(「ギア」アイコン)をクリックします。
    • 写真をシェアした後に「非公開」にする場合は、最初にシェアしたリンクが壊れてしまうため、慎重に行ってください。
 
  • 一番よいのは、希望する公開範囲に基づいて写真をアルバム(写真のグループ)で Lytro Web へアップロードしてからシェアする方法です。
    • シェアした「トークン化」URL(リンク)を持つ人物なら誰でも、クリックでその写真を含む非公開のアルバム(写真のグループ)全体を見ることができるためです。
    • つまり、アルバム全体を アルバムページからシェアしても、そのアルバム内の 1 枚の写真をピクチャページからシェアしても、権限は同じになります
    • あなたが写真をシェアした相手なら誰でも、後から同じトークン化 URL(リンク)を使用して写真を再シェアできてしまいます(Facebook や Twitter などのソーシャルメディアを含む)。
    • 1 枚の写真のみをシェアしたい場合、一度にアップロードする写真を 1 枚だけにする方法を使用するユーザもいます。こうすることで、同時に他の写真へのアクセスを提供してしまう心配がなくなります。

コメント

Powered by Zendesk