Desktop 4 - データのキャリブレーションとペアリング

データのペアリング

LYTRO ILLUM カメラからの写真の処理を最適に行うため、Lytro Desktop ではカメラの内部システムのキャリブレーションデータが必要です。

写真の処理を開始する前に、お使いのカメラのペアリングデータを Lytro Desktop 4 へ転送する必要があります。ペアリング操作はカメラ 1 台、Desktop のインストールにつき 1 回のみで結構です。

注:  ペアリングデータは変更されません。LYTRO ILLUM ファームウェアの更新を行っても、ペアリングデータには影響しません。

カメラを初めて Lytro Desktop に接続したとき、そのカメラで作成されたリビングピクチャを処理するために、カメラのキャりブレーションデータが Desktop に転送されます。このプロセスをペアリングといいます。

手動ペアリングプロセス

ILLUM カメラから Lytro Desktop へペアリングデータを転送する方法:

  1. 初期化された SD カードをカメラに挿入するか、USB 3.0 ケーブルでカメラをコンピュータに接続します
  2. カメラの電源を入れる
  3. ギアアイコンを押して「設定」を選択する
  4. メニューの一番下の「一般」を選択する
  5. 「ペアリングデータを SD カードに転送する」を選択して、指示に従う
  6. コンピュータに SD カードをもう一度挿入し、Lytro Desktop 4 を開いてペアリングを完了させます

ペアリングに関するトラブルシューティング

一般的に、上記の手動ペアリング方法にしたがうとペアリングの問題が解決します。具体的な事例:

データをペアリングせずに Desktop 4 へ転送された写真

キャリブレーションペアリングデータなしでカメラから Desktop 4 へ転送荒れた画像には、サムネイルの右下に小さい「!」アイコンが表示されます:

これが発生した場合、ビックリマークをクリックして指示に従ってください:


カメラのペアリングを行う前に処理された画像

それ以外では、写真を再加工しようとした場合に Desktop から通知が表示され(同じ「!」アラート)、画像の再加工を提案されます:

 

コメント

Powered by Zendesk