Desktop 4 - プレビューとインポート

Lytro カメラでリビングピクチャを撮影した後、Lytro Desktop 4 ソフトウェアを使用して撮影した写真を表示、整理および編集します。

SD から画像を直接インポートするには(LYTRO ILLUM のみ):

  • カメラのメモリカードスロットから SD カードを抜きます。 
    • メモリーカードを押し込むと、メモリーカードが少しだけ飛び出します。
    • メモリーカードの上部をつまみ、カメラから引き出します。
  • SD カードをカードリーダーに差し込むか、
  • コンピュータ上の利用可能な SD ポートへ直接

Micro USB 3 ケーブル(カメラの同梱品)を使用すると、カメラから画像を読み込むこともできます。

  • ケーブルの片方をカメラのケーブルポートに差し込みます。
  • もう一方の端を、コンピュータ上の互換性があるハブへ「直接続します
    • 写真をインポートする際に、取り外し可能なキーボードやその他の外部付属品上の USB ポートを使用しないでください
    • データケーブルを使用してください。充電専用のケーブルでは、データは転送されません。
    • カメラを接続してもコンピュータがカメラを検出しない場合は、別のケーブルを試してください
    • カメラを取り外し、コンピューターを再起動してから再度カメラを接続します。多くの場合、これで問題が解決します。

Lytro Desktop 4 は、カメラまたは SD カードとリビングピクチャが接続されると自動的に開きます。既存のライブラリーを選択するか、新しいライブラリーを作成して開くようよう求めるメッセージが表示されます。ライブラリを選択または作成して開きます。インポートされた写真は、選択したライブラリー内に保存されます。

カメラ表示で写真をプレビューする:

カメラをコンピュータに接続するとスライドバーに「Lytro カメラ」エントリ(a.)が表示され、表示エリアがカメラ表示に切り替わり、インポートする画像を選択できます。

  • (c.)新しい(まだインポートされていない写真を表示)および(c.)アーカイブ(既にインポートされた写真を表示)を切替、画像をソートします。
  • サムネイルプレビューでクリックし、画像を選択します。
    • シフトキーを押したままクリックすると、最初に選択した画像から最後に選択した画像までのすべてが選択されます。
    • コマンドキー(Mac)またはコントロールキー(Win)を押しながらクリックすると、複数の写真を個別に選択できます。

注: カメラ表示内の写真はサムネイルのみで、サイズは変更できません。再フォーカスなどの深度関連の機能を表示できません。 

写真のインポートと処理

1.  インポートしたい写真をすべて選択したら、ドロップダウンメニュー(b.)を使用してインポート先となるアルバムを選択するか、

    • 「アルバムへインポート」(b.)ドロップダウンに入力して新しいアルバムを作成します。
    • ボックス(d.)「インポート後に削除」にチェックマークを付けて SD カードから写真を削除します。 
      • 「インポート後に削除」では、SD カードから写真を完全に削除します。 
      • 削除する前には、必ず画像のバックアップを取ることを推奨します。

2.  (e.)「すべてインポート」をクリックして SD カード上のすべての画像をインポートします。 

    • 「すべてインポート」は、サムネイルが選択されていない場合に使用可能です。
    • 個別の写真を選択した場合は、(e.)「選択内容をインポート」 [Mac] または「X 枚の写真をインポート」 [Windows] をクリックして選択した画像をインポートします

 3. 表示エリアでは、すべての写真が一度に表示され、回転する黄色の円は、写真が処理中である(完全なライトフィールドを計算中)ことを示します。

画像の読み込みが完了すると、アルバムの整理調整ツールを使った編集動画の使用などができます。

備考:

  • 確信が持てない場合は、カメラから写真を削除するのではなく、インポートすることをおすすめします。 Lytro 体験独自の深度機能により、2D サムネイルで分からなかったシーン内の要素が明らかになることがよくあります。

 

 

コメント

Powered by Zendesk