Desktop 4 - すべてにピントを合わせるとは?

本製品は、リビングピクチャ内のフォーカス可能なすべての箇所にピントを合わせられる拡張フォーカス(別名「全点フォーカス」)に対応しています(注意: 合焦範囲外またはモーションブラーによりピントが外れている被写体には、ピントが合いません )。 Desktop 4 では、リビングピクチャに拡張フォーカスを適用する操作方法が変更されています!  

キーボードでショートカット「E」を使用して、リビングピクチャのオールインフォーカスを一時的に表示できます。もう一度「E」を押すと拡張フォーカスが終了します。この操作は画像の表示にのみ影響します。拡張フォーカスを恒久的に有効にするには、以下のように「絞り値」スライダーを使用する必要があります: 

Desktop 4 の調整ツールセットにある「絞り値(Aperture )」のスライダーを使って、全体的にピントが合った写真を作ることができます。

1) Desktop 4 のビューモードから希望する写真を選択します

2) インターフェースの左側にある「調整」アイコンをクリックし、 「調整」パネルを開きます。

すると調整パネルが開きスライダーが表示されます。 

3.  調節パネルの一番上にある絞り値スライダーを一番左の f/16 までドラッグします。 

絞り値:

 

4. 全体的にピントが合った状態で画像が表示されます。続けて画像の追加調整や共有、出力ができます。

「絞り値」スライダーが f/16 に設定された拡張フォーカスの画像

「絞り値」スライダーが f/1.4 に設定された被写界深度の浅い画像

 

5) 全点フォーカスの 2D 画像を出力します。 

  • 「ファイル」 > 「エクスポート」へ移動してから、「再フォーカス画像(.jpg)」または「再フォーカス画像(.tif)を選択します。
  • 2D 画像の出力についての詳細はこちら

 

コメント

Powered by Zendesk