Desktop 4 - リビングピクチャの再加工

リビングピクチャは、カメラからインポートされた際に Lytro Desktop 4 によって自動加工されます。通常は再加工の必要はありません。 これは以前のバージョンの Lytro Desktop から変更された点です。以前のバージョンでは視点の変更や拡張焦点を有効にするには再加工が必要でした。

ただし、状況によってはDesktop 4 でリビングピクチャを再加工する必要が出ることがあります。  特に、 Desktop 3 または第一世代から画像をインポートした際にこのような状況が発生します。調整 / アニメーションツール、および視点の変更は、画像を再加工するまで動作しません。

Desktop 4 でリビングピクチャを再加工する方法:

  •  サムネイル表示から
    写真を右クリック(Ctrl + クリック)して 再加工を選択します。または
  • [Mac の場合]   写真 メニューから 再加工を選択します。
  •  ダイアログボックスまたは 調整 ツールで指示されたら 再加工 ボタンをクリックします。

再加工が必要な写真には次のようなものがあります:

  • [第一世代 Lytro カメラ] Lytro Desktop の以前のバージョンからインポート、移行、またはアップグレードしたり Lytro Library 内のすべての写真。
  • [LYTRO ILLUM カメラ] コンピュータ上の Desktop 4 ソフトウェアとペアリングされていないLYTRO ILLUM カメラで撮影された写真。
  • Desktop 3 でリビングフィルタが適用されている写真

写真の再加工が必要かどうかはどうすればわかりますか?

再加工が必要な写真にはこの「警告」アイコンが表示されます。  

 再加工が必要な画像には、サムネイルビューの画像の右下に、小さな警告アイコンが表示されます。

詳細は警告アイコンをクリックしてください。

重要: [第一世代 Lytro カメラ]
第一世代 Lytro カメラで撮影され、Desktop 3 で加工されたすべての写真に対して視点の変更、拡張焦点、調整およびアニメーションを有効にするには、Desktop 4 で一度再加工する必要があります。この場合、警告アイコンは表示されないかもしれませんが、写真を再加工するまでこれらのツールは利用できません(グレー表示されます)。

 

再加工とリビングフィルタ:

  • Lytro Desktop 3 のリビングフィルタ機能は、現在 Lytro Desktop 4 ではサポートされていません。Desktop 3 の写真にリビングフィルタを適用する場合は、 Deskop 4 で写真を再加工して 視点の変更を有効にし、拡張焦点や調整、アニメーションを適用する必要があります。また、リビングフィルタは写真から削除されます。

  • この場合、サムネイル表示の写真に警告アイコンが表示され、クリックすると以下のメッセージが表示されます。:
    この写真に適用したリビングフィルタは利用できなくなりました。詳細
  • 詳細」をクリックすると、Desktop 4 のリビングフィルタに関するナリッジベース記事が表示されます。
  • 写真を選択して「写真」メニューから「再加工」メニューを選択したり、写真を右クリックして「再加工」を選択して写真を再加工できます。

 

コメント

Powered by Zendesk