Lytro Advanced Player (Beta) の要件

私は Advanced Player (Beta) を使用できますか?

おそらく!

Lytro Advanced Player は、Standard Playerではできない、非常にクールな操作をリビングピクチャで行う最先端のソフトウェアです。 Advanced Player はWebGLという技術を使用して、魔法を起こします。ただし...

これはベータ版ソフトウェアです。 まだラボから出たばかりで、広範囲のテストは実施されていません。 ブラウザがフリーズ、クラッシュしたり、強制終了が必要となったり、他の次元へのワームホールを開けてしまう可能性があります。

それでもよいでしょうか? もしあなたが、優れたグラフィックカードを搭載した(たとえば 2012 年以降)最新の、性能重視のシステムをお持ちであれば、お試しいただく価値はあるでしょう。これは冒険です!

試してみたいと思われる方は引き続き説明をお読みください。

  • お使いの Web ブラウザとグラフィックカードの両方が WebGL 1.0 に対応している必要があります。 (get.webgl.orgで基本的な WebGL のサポートを確認できます)
    • 注: ブラウザは WebGL バージョン 1.0 をサポートしている必要があります。1.0 未満のバージョンの WebGL では動作しません。
  • 優れた WebGL 体験を実現するためのシステム要件は比較的厳しく、現在市販されている多くのプラットフォームが対応していなかったり、パフォーマンスが下回る場合があります。

サポートされているブラウザおよびプラットフォーム:

  • Google Chrome(最新バージョン)
    • 対応グラフィックカードと最新ドライバ搭載
  • Mozilla Firefox (最新バージョン)
    • 対応グラフィックカードと最新ドライバ搭載
  • Safari (最新バージョン)、 OS X Mountain Lion および OS X Lion。

サポートされていないブラウザ、およびユーザの責任で使用するブラウザ:

  • Opera (最新バージョン):  対応するグラフィックカードおよび最新バージョンに更新済みのドライバ。
    • WebGL を有効化する必要があります - Opera ではデフォルトで WebGL が無効に設定されています。
    • Opera で WebGL を有効にする方法はここからご確認ください
    • 注 - たとえ動作したとしても、Opera では最小限のテストしか実施されていません。 Opera をお使いの場合は、お客様の体験についてお聞かせください。
  • Internet Explorer: MSIE は現在 WebGL 1.0 へのサポートを提供していません。したがって、MSIE はサポートされているブラウザではありません。
  • モバイル:モバイルプラットフォームにおけるパフォーマンスの問題により、WebGLはサポートされていません。
    • また、モバイルではリビングピクチャアニメーションもサポートされません。

ハードウェア要件

  • 現在は特定の要件はありませんが、パフォーマンス重視の、2012 年以降に購入されたコンピュータである必要があります。
    • 注 - 最新のグラフィックカードであっても、すべてが WebGL をサポートしているわけではありません。具体的なグラフィックカードの仕様を確認してください。
  • これ以前のシステムでも Advanced Player を実行できる場合がありますが、フレームレートは低くなる可能性があります

Advanced Player へ切り替えるにはどうすればよいですか?

  • サポートされているブラウザをお使いの場合、オプションとして「設定アイコン」で Advanced Player を有効化できます。
  • サポートされていないブラウザをお使いの場合、Advanced Player を有効にすることはできません。
  • https://pictures.lytro.com/users/edit

デフォルトで Advanced Player を使用する

お使いのシステムがサポート対象であり、デフォルトで Advanced Player を使用したい場合、ユーザプロファイル設定(https://pictures.lytro.com/users/edit)から設定できます。

 

コメント

Powered by Zendesk